忍者ブログ
最近は普化(虚無僧)尺八に興味があります
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は何しろ暑かった。早起きし過ぎて朝食の後に朝寝。昼食の後に昼寝。夕食の後に夜寝??。
 という訳で夜はオリンピック観戦。柔道は応援しているのでライブでは観ないw。ライブで応援しながら観ると負ける、というジンクスがあるので…。
 女子サッカーは何故かライブで観ても負けない自信があったのでTV観戦。結果は2-0の圧勝。男子のJ1に較べれば見劣りするのは否めないが、それは致し方無い。中国は格下、しかし、仕掛けは何も無かった。或いは先制点を中国が取っていれば別だったかもしれない。しかし、中国はラフ・プレーも無く、正々堂々と日本と戦って負けた。これは現時点でのメダル獲得数を見れば分かる。現時点で中国はダントツの一位なのだ。国威を賭けたオリンピックでメダル獲得数第一位。ここで反則を重ねてでも勝つ意味は無い。例え日本に勝っても次はアメリカ相手…例え反則して勝っても意味は無い。そういう見方しか出来ないのが情けない。フェアプレイで順当に勝ったのを素直に喜ぶべきかも知れない。
 柔道に関しては、現在の世界柔道は面白くない。技の切れこそが武道の醍醐味だろう。せめて「併せ一本」以外は認めない方向に行けないのだろうか。
 柔道は相撲とは違う。今更言っても仕方ないが、襟と袖を持って始まる。右利きと左利きの違いがあるのだが、最初に組んでから競技を始めるのが良いと思う。空手の型と同じで、美しさの無い技は技では無い。
 奥襟はまだしも、その先の帯を持つなんて、柔道ではないだろう。そんなに帯を持ちたいのなら相撲に転向しろ!と言いたい。
PR

コメント
ごもっとも
まったく柔道の醍醐味がなくなりました。頻繁に改正されるルール改正でとうとうレスリングみたいになっちゃいました。畳をはいずり回りあげくのはては女子の軽量級のように5分間のうち半分以上は襟の取り合い。指導だの警告だのと素人には分かりにくいルールで審判の訳のわからない判定に戸惑うばかり。日本発祥の柔道もコケにされたものだと思いがするのは私だけではないようです。
【2008/08/17 05:30】 NAME[界禅] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
(10/09)
(07/21)
(05/13)
(03/10)
(03/05)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
竹庵
HP:
性別:
男性
QRコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析